妹背漆器店 和歌山県海南市紀州黒江漆器(紀州塗)販売 うるしのさとタイトル
【メニュー】サイトマップ、目的別(盆、インテリア)検索、商品名別、価格帯別、塗手法別、お買得商品
トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について店舗紹介新着情報お問い合わせ会員登録カートの中
商品カテゴリ
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜

 漆器には、いろいろな種類がありますが、一つの作品ができるまでには50〜70の工程が必要です。

 伝統漆器を作る場合には、木地師下地師塗り師蒔絵師など、それぞれの工程を専門の熟練者が行います。

 現在、紀州漆器では、伝統工芸士の称号を所有している者が9名おり、新しい力と共にさらなる技術の鍛錬に日々努力を重ねています。


 

 

【木地工程】
乾燥・丸物・板物・角仕上・湯曲げ・挽曲げ

桧、楠、栃などの原材料をある程度の大きさにカットし、水分がなくなり変形が生じないくらいに放置して乾燥させます。その後、鋸やカンナを使って、指物の形を作ります。 

 

 

 

 

 

【下地行程】
木地調整・下地付け・下地研ぎ

木地行程での素地の形状を補修し、整備します。

  本堅地、渋下地、膠下地

 

 

 ↓

 

 

 

【木地上塗り工程】
下塗・中塗・中塗研ぎ・上塗

下塗り・中塗り・上塗りといった工程を経て堅牢で美しく仕上げていきます。

  黒塗、朱塗、溜塗、カシュー塗、ウレタン塗
  摺漆、拭漆、古代朱塗、木地呂塗
  銀朱塗、洗朱塗、黄口塗、堆朱塗、呂色塗

 

 

 

 

 

 【加飾】
(蒔絵他) 

塗り上がった品物にうるしと純金泊、純金粉などを使って、手作業にて加飾していきます。

  蒔絵、沈金

 

 


漆器の材質および塗り手法については、『』でご説明します。