妹背漆器店 和歌山県海南市紀州黒江漆器(紀州塗)販売 うるしのさとタイトル
【メニュー】サイトマップ、目的別(盆、インテリア)検索、商品名別、価格帯別、塗手法別、お買得商品
トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について店舗紹介新着情報お問い合わせ会員登録カートの中
会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜

名入れ・家紋入れ有料・無料

記念品・大量注文のお客様へ

のし(熨斗)のご案内

 

送料無料、激安ご案内

シリーズ漆器 > 高貴の朱

高貴の朱

 朱塗は、透き塗に朱塗の顔料を混ぜてつくります。朱塗は鉛胆や紅柄とともにわが国に古くからある顔料で、成分は硫黄と水銀の化合したものです。天然には赤い土(辰砂)として地表に現れ、「古代ユ人史紀行」(深沢武雄著)によれば、朱と砂金は人間が手に入れた最初の金属で、朱は加熱して蒸留すると水銀になります。水銀は金属と化合してアマルガムをつくり、熱すると昇華して金だけが残ります。

 朱は、金の精錬にとってなくてはならないものでありました。この貴重な朱を使って漆を塗りますから、その昔には朱塗の器は一般庶民の間では使用が禁じられ高貴な人や寺院、僧侶鵜達の専用でした。したがって、下塗りや中塗りには朱は使いません。上塗りの一回だけです。一回塗ですから器物の角など漆ののりが悪いところは透けて下塗りの黒塗が見えます。

 また、使っているうちにすり剥げて下塗りの黒塗が顔を出します。そこが面白いと茶人が好んだといわれ、この茶人を目当てに構成の人はこの塗をわざわざ作るようになったといわれています。これが根来朱塗です。この技法をを生かし現代風に「朱」を再現しました。

※当店オリジナル朱塗シリーズです

  その他『シリーズ漆器』はこちらです

商品一覧